スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
MOET&CHANDON モエエシャンドン
2008 / 04 / 06 ( Sun )
2007.11.1

昨日の夜、たくさん食べて飲んだので、目覚めがすっきりしない(-.-;)
ので・・・・お散歩でも!
秋も深まっていて、寒いです。
空気がヒンヤリしていて、音もなく・・・・・・???車の音が・・・。
ん~・・・・この大きな木の向こう側は、フェンスがあって一般道路でした。
森の中みたいに錯覚してましたけど。
他には誰も歩いていないし・・・・・
094500(1).jpg

昨日の夕方は、泳がないとお腹がすかないのよーみたいな、マダムやムッシュウの姿があったプールも、
今朝はひっそりと。
プールに入ったら、ずっーと泳いでいないと、寒くて風邪をひいちゃいそうな水温だった(-_-#)
094443(1).jpg

到着したときは、たっぷり飲んじゃったシャンパンのせいで、
超眠くって、外観を楽しむ余裕なんてなかったです。


いろいろな肩書き?があるところだったんですね^^
094911(1).jpg

ホント、ひっそりしたたたずまいですね(#^.^#)
セレブリティーな生活はできそうにないので、バタバターと、最後のMOET&CHANDONに向かいまーす。
104759(1).jpg

シャンパン街道?って、直訳になっているんだかどうだか・・・・わからないけど、
ところどころ小さい村を通るようになっていて、シャンパンカーヴの看板も点在しています。
113836(1).jpg

収穫後のぶどう畑は、一見淋しそうですが、近くで見ると、今を生きています。
一房ずつ残されたぶどう。
それにはどんな意味があるのかな?
こんなにパターン化した忘れ物ってないだろうし・・・・きっと理由があるはず。
114015(1).jpg


着きましたー!
[MOET&CHANDON モエエシャンドン]
エペルネのシャンパン大通りに、工場なの?って思うぐらい大きな建物。
これがモエ社です。
日本語ガイド見学ツアーのアポに間に合いました(ホッ)
163421(1).jpg

特別なお客様をもてなす「ナポレオンの客間」だそうです。
一般庶民は見るだけです(笑)
152652(1).jpg

200年かかって作られた延べ28kmにも及ぶセラーが迷路のように広がっているそうです。
迷子になって人一人いなくなっても、おかしくないような雰囲気です。
実際にあるんじゃないの~もしくはあったんじゃないの。という空気感。
10人ちょっとのツアーだったので、恐くなかったけど。
空気が語りかけてくるーみたいな(・_・)エッ....?
「エペルネ駅の下の方まで同社の地下セラーが広がっているんですよ」
と自慢げに説明されてもやっぱり恐い(笑)
154430(1).jpg

そのせいで写真もななめってるし(笑)
熟成を待つ、シャンパーニュたちだけが知っている事実 (?_?)
155416(1).jpg

じっくりと熟成され、少しずつ回転させて澱を瓶口に集めます。
で、急速冷凍し、気圧で澱を飛ばしちゃうんですよね。
そして門出のリキュールを足される・・・・・
ワイン教室「セパージュ」で、勉強しましたね(^_^)v
160837(1).jpg

ミステリーまで想像しながらの案内ツアー終了後は、もちろん試飲(#^.^#)
黒を基調にしたシックなインテリア。
スタッフの方々も黒のスーツ、男性は黒のシャツに黒のネクタイ。
これがルイヴィトン、セリーヌ、プッチなど超一流ブランドを傘下にもつ、
ファッションの集大成なのかしら?
それともどこか一社の力なのかな?高級な感じを前面に出してます。
でもここだけ、試飲が立ち飲みなの!
カウンターバーみたいでおしゃれなんだけど、落ち着かないのー。
サッサと飲んで、サッサと買って、サッサと帰ってみたいな感が(笑)
161129(1).jpg

今回のカーヴめぐりでは、何も買いませんでした(-_-#)
だって、シャンパンは買ってすぐ飲むものだもん。
飲みましたよー。カーヴでもレストランでも。
それだけで充分です。
162710(1).jpg

シャンパーニュ地方ヴェネディクト修道院の修道士であったドン・ピエール・ペリニョン(1639-1715)が、偶然にも「発泡性」シャンパンを発明したと伝えられています。
マーケティング戦略に長けていたモエ・エ・シャンドン社(以下モエ社と略す)は1823年に修道院を買い取り、発泡シャンパンの伝説を巧みに広げました。また1930年にはドン・ペリニョンの名義を買い取り、同社のヴィンテージシャンパンの銘柄名としたのです。
だそうです(^o^;)
163348(1).jpg





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さっき記事を書いていたらびっくりしたー。
先に写真だけ公開してたみたい。ハハハハハハ。

大切な事忘れたくなくて書き始めたブログ。
そして、パリ16区の住人じゃなくなったときに、終わりにしようと思ってました。
だけど、その後も何回かパリに行っていて。。。。。

やっぱり自分のために残しておきたくて、マイペースに更新していますが、
それでも、見にきてくれる方もいて、嬉しいですね。

いつも見にきてくれる人。
以前から見にきてくれてる人。
検索して見にきてくれる人。

いつも読んでくれてありがとうございます(*^^*)

スポンサーサイト
21 : 12 : 06 | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パリにて | ホーム | POMMERYポメリー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bellesfeuilles.blog57.fc2.com/tb.php/361-1ddc595d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。